カテゴリー別アーカイブ: ダンス

ダンスコンテスト 優勝する為に必要な39の方法

 

 

ダンスコンテスト 優勝する為に必要な39の方法

 

 

 

ダンスコンテストで優勝する
全国から集まった強豪ダンスチームがひしめく中
あなたの率いるダンスチームが1位になる

あなたのお子様の入っているダンスチームが1番になる

想像しただけでワクワクしますよね?

実際に優勝と言うものは
20年前に何度も味わったものですが、
何度優勝してもあれ程素晴らしく格別な事は無いですよ。

ダンスを始めて優勝をするまで
4年かかりました。

全くの弱小チームだった僕たちのチームが
1997年には最強で伝説と呼ばれるブレイクチームと

BRONXを結成する事が出来ました。

(テレビ東京 rave2001出演時)

ただBRONXは初めからダンスコンテストに強いチーム
だったわけではありません。

勝てるチームだけを注目し
優勝しているチームのデータを抜き出し
あらゆる角度から
徹底的に分析した結果

優勝するチームには
ある法則が隠されていました。

勝てるチームは
優勝できるチームの理由があって

負けるチームには
ダンスコンテストで勝てない理由があるのです。

 

 

勝てれば良いですが

なんとなくダンスコンテスト出ていませんか?

 

〇〇〇〇ダンスコンテストあるから参加しない?

いいねー出場しよう!!

なんとなくダンスコンテストに出場して

じゃ曲は何にする?

最近流行のこの曲は?

ヤバ!!これで行こう

なんとなくダンスコンテストで使う曲を決めて

じゃ振り付け作ろう

ステップこんな感じで良いんじゃない?

あーそこはそれで良いと思う。

いい加減な感じでステップを決めて

衣装は何にする?

最近〇〇でバーゲンやってたから普段着れるお洒落な洋服買いに行こう

ダンスコンテスト用より普段のお洒落な服 優先

練習はどうする?

20時から〇〇〇で練習ね

ごめん今日練習22時からしか参加出来ないわ。

ここまで酷くは無いでしょうが、

当てはまる事が一つぐらいある感じで
ダンスコンテスト出ていませんか?

ダンスコンテストで優勝しているチームが
こんな感じでなんとなくのゆるーい感じで出場しているでしょうか???

そんなわけないですよね?

それでも優勝や入賞と言う結果は欲しい
そんなに甘いものではありません。

自分達も同じ勝てないチームだったから解る事ってあるのです。

 

自分達も勝てないチームだった過去を振り返ると解るのです。

 

ダンスコンテストに意気込みはあり気合はあるのです。

でもはっきり言うと勝つ理由が全く見当たら無いのです。

負けているチームだった時には、全く解って居なかったのです。

優勝出来ているチーム
感動するチーム
凄いと思うチーム

優勝しているチームをきっちり研究しない時は
個人的にダンスのスキルが高い上チームだと思っていました。

でも色々調べて行くと
ダンスコンテストで優勝できるは、個々の技術が高いチームも多いですが、
個々の力がそれほど高くなくても、優勝入賞しているチームと言うのもある事が解りました。

 

ダンスコンテストで勝つ為にやるべき事

 

ダンスコンテストで勝つ為には
勝つための図式を埋める必要があります。

上手くないチームでも、魅せ方が上手ければ審査員の心に届く可能性は上がります。

技術が無ければ、技術を上げる練習を積めばよい

でも個人個人の技術があったとしてもsoloダンスでは無く

チームとしてダンスを踊るチームダンスなのです。

チームダンスとしての
見せ方

揃い方

フォーメーション

衣装

表情

感情

全ての物事が成り立って
良いダンスチームのダンスルーティンに見えるのです。

ダンスコンテストって思いつきで出場して
勝利出来るほど
簡単な物ではないんです。

やるべき事
勝つべき方程式が存在するのです。

 

ダンスコンテスト勝つ為の39の方程式

 

・ダンスコンテストの審査員の癖を見抜こう

・ダンスコンテストの勝敗を握っているのは審査員です

・自分のチームのメンバーの事を知ろう

・海外のダンスの情報を出来る限り知っておこう

・知っているつもりの事はノートに書いてまとめよう

・どんな物を作るのか? まずはシナリオを作ろう

・シナリオにあった踊る曲を決めよう

・シナリオと曲にあった衣装を決めよう

・シナリオ 曲 衣装が揃っている状態で踊っているイメージをイメージを作ろう

・カッコいい 凄いなどの言葉のイメージをキチンと共有しておこう。

・振りを決めるまでに何度も何度も曲を聴いておこう

・ダンスの振付を考えよう

・掴みは凄く大事

・起承転結を考えよう

・難しいから凄い振り付けではない

・良く見せるためには移動を沢山入れよう

・強弱をキチンとつけたメリハリあるダンスを考えよう

・振付を踊るイメージを持って小さく見せたいか? 大きく見せたいのか?

・止まるを入れてキチンと拍手が出来るもの

・ダンス以外でも構成がある物を研究しよう

・大技は出来れば凄くよい。

・舞台の幅などを調べておこう

・場の流れを越える音楽を変える事

・沸く踊りは予想を超えた時

・メンバーのスケジュールをキチンと管理すると結果が変わる

・自信を持てるのは単純に練習量が比例する

・音楽CDは区分けにしておこう

・前半が一番上手くなるので、後半を何度も練習しよう

・息のあったダンスの踊り方

・何も言わない敗北よりも 声に出す事で勝利を導く

・動画に取って何度もみよう

・納得を多くして妥協を無くそう

・個別のレベルを上げる

・勝っても負けても後悔の無い練習

・素晴らしい作品は素晴らしい小さな努力の中生まれる

・多くのチームを見ている審査員の感情

・会場を味方にする為の友人の存在

・コンテストで勝った人の理由をキチンと理解する

・冷静に自分たちにチームの順位をつけてみよう

・あなたのチームの強みはなんですか?

 

 

始めましてKINGKAZUです。

 

田井嘉寿久 KINGKAZU
1977年大阪生まれ
ダンスを15歳の時に始めてダンス歴25年を越えます。

1997年に作ったダンスチーム
bronxは伝説のブレイクダンスチームと呼ばれ
当時数々のダンスコンテストに
100を越える数優勝いたし
ダンスバトルでも数え切れない数の優勝を手にしました。

当時のテレビ番組rave2001にも何度も出演いたしました。

BRONX解散後ドイツで行われた世界大会でも
僕が作ったダンスルーティンで
最高位に当たるベスト賞を頂き
ダンスバトルには敗れたものの
世界2位の称号を得る事が出来ました。

boty 2001

そして2000年前半に
海外で武者修行をして

海外の取材を受けて
フリーペーパーに記事を書いてもらった経験もあります。

ill skill magazine

海外の取材を受けて動画を作っていただいたこともあります。

I Love Footwork – Planet Fresh Productions

自分がある程度海外で成果を残して
現役のダンサーを引退後

ブレイクダンサー
BBOYの僕が
ジャンル関係なく
多くの生徒さんを育てあげました。

2000人以上の生徒を育て
今弟子の内のヒップホップとJAZZダンスで
1人はオーストラリアの
舞台に立っています。

ダンスコンテストの戦略をもって
ダンサーを育てたらダンサーも大成功です。

話題になりすぎて
DVDまで発売されました。

実は人を育てるのが得意なんです。

今も会社を経営して多くのクライアントさんに
集客を教えていますしね。笑

 

 

 

審査員の責任にしても仕方が無い

 

どれだけ自分達ががんばってダンスコンテストに向けて
ダンスルーティン作ったとしてもダンスコンテスト審査員は評価してくれない

こんな経験何度もあります。

審査員の考えている事が解らない

あの審査員見る目無い

審査員は身内贔屓だ

色々な問題は出て来ると思います。
でもね。

審査員に自分達の負ける理由が解らず審査員が解ってない責任転化しても
あなたのチームが勝てるチームになる

可能性は一切無いわけです。

それならば
審査員が振り向くチーム
多くの人があなたのチームを見たくて見たくて仕方が無い

と思うようなチームに自分達がなる必要があるのです。

人を変える事は出来ません。

自分達が審査員が振り向いてくれるようなチームになる事が重要なのです。

 

言い訳を他に求めるのでは無く

自分たちだけに目を向けましょう。

 

自分達の潜在能力をしっかり理解し
自分達の方向性をきっちり決めて
自分達にしか出来ない表現方法を
チームで見に付ければ必ず成果があがるようなるのです。

言い訳をして
勝てない事を
審査員や盛り上がらない観客の責任にするのは簡単です。

ただそれだと成長はありません。

どんなチームであれ
どんな人間関係があったとしても!!笑

誰もが驚くような
良い作品を作り上げることが出来れば
振り向いてくれなかった周りの人たちは
あなた達の

ダンスチームをキチンと見てくれ
見るだけでは無く応援してくれるようになります

他人の責任にして
負けてしまうより
自分が変えるべき事を変える

自分達の目標のタメに突き進む 大きく結果も未来も変わります。

 

僕が教える方法は時代がどれだけ進んでも良い作品を作る為の本質です。

 

 

ただkazuさんあなたの教えは
20年前のダンスコンテストでの結果が出たノウハウでしょ???

と言う事を言われそうですが、
はっきり断言します。

ダンスの技術はどれだけ
進化してレベルアップしたとしても
ダンスの振付を作る為の考え方の本質は一切変わりません。

ダンスの技術だけの勝負では無く
人に魅せると言う根本的な核心は一切変わるわけないのです。

人を魅了する方法

魅了する方法の先にあるのが
ダンスがあるだけであって
人を魅了する核心の部分が理解出来ていないと

良い作品を作れるわけ無いじゃないですか?

そして人を魅了する核心の部分も当たり前に
解説しているのみらず

最良のダンスを踊るための練習方法も
記載しております。

魅せる方法が解り
出来るだけ効率良いダンスの練習方法を
見に付けるだけで無駄が無くなり

ダンスルーティンを踊る時間が長くなり

息のあったぴったりとしたダンスが出来上がります。

kazu流の驚愕の
息のぴったりと合ったダンスの踊り方も入れています
マジで息が合います。

こんな方法教えていいのか?
と言う方法が沢山入って居る中

あなたのチームがやるべき事

 

自分達に勝てるチームが勝てるチームに
なれば良いのです。

 

僕が教えるのは勝つ為の方法です。

あなた方ダンスチームがやるべき事は
ダンスコンテストで勝てるチームになる為の
方法を意識しなくても出来るという所まで

体に刻み込む事

始めは一つ一つ
体得していく為には時間はかかると思います。

一つだけの事を意識して
ダンスチーム感で共有できるようになれば

あなたの所属するダンスチームは
ドンドン良くなり
自分達でも踊っていても
楽しくドンドンなるでしょう

勝てる方法を伝授して
勝てる方法を通りに自分達が理解して身に付ける

身に付ける方法は
量をこなし
質を高め
良質になる事が重要なだけです。

参加する事に意味があると言う負けるチームから
そろそろ卒業しませんか?

勝てるチームになって
あの輝く大きな舞台で
両腕を大きく上げて優勝する瞬間味わってみませんか?

優勝するお子様の姿を見たいと思いませんか?

優勝までの近道の価格は

 

 

ダンスコンテストの教材で、

本気でダンスコンテストに勝って欲しいと思い

チームとして最低人数

2人が1ヶ月の月謝を月謝分を頂ければと思い

12800円

この価格にさせて頂きました。

 

 

今すぐ手に入れる
12800円

 

 

一切何の変化も起こらなかった場合は、全額返金させていただきます。

 

 

特典です

 

特典1:

スカイプ相談

スカイプを使って今の現状から
より良くなるように
ダンスのチームの方向性を相談させて頂きます。

 

普段メンタリストの力を使いカウンセリングを行っておりますので、
あなたのチームの強みを見つけ出し

チームカラーやチームコンセプトを聞き出し
どのような振付を作ればより良い作品が出来上がるのか?
をサポートさせて頂きます。

(1回1時間)

 

 

特典2:

数々のダンサーを育て上げている
KINGKAZUダンスワークショップ
5000円引き(1回)
通常6時間WSが15000円の所
10000円で受講して頂けます。

 

 

特典3:

メールサポート
作った作品に対しての
動画で確認し訂正するという
徹底サポートをして行きます。

普段ダンスコンサルと言う
動画で個別に教えるダンスをレッスン
あなたのチームの為の一ヶ月のサポート
期間の間お伝えさせていただきます。

 

 

 

お客様の声

 

 

全く揃わなかったダンスの振付が
息ぴったりで踊れるようになりました。

KAZUさんの事は
前のスーパーダンサー養成講座の時から
拝見させて頂いております。

スーパーダンサー養成講座の時も
核心に迫る答えをいただけていたのですが、
良く拝見させて頂いていたのです。

ダンスコンテストに自分の子供達が
出場する事になって
何度挑戦しても良い結果が出せません。

ダンスコンテストのジャッジの先生の聞きに行くと
いつもこんな風に言われてました。

振付もダンスの技術もけども
息が合ってない。

息が合っていないという事で
何度も何度も練習をしたのですが、
やればやるほど息が合いにくくなっていきました。

これはと思いKAZUさんにすがる思いで
メールしてみたら、
キチンとお答え頂きまして、
なんと動画で返答してくださいました。

親子で感激したのを覚えています。

送らせてきた内容は、
全く思いもよらない結果だったのですが、
半信半疑で、教えてもらえた事をやってみると
びっくりしました。

あれ程息が合わなかったチームが
息ぴったりで、もう本当にびっくりしました。

ダンススタジオの先生の
教えて下さる事もすごいのですが、
一瞬で解決するKAZUさんの教えは凄いです。

尚教えていただけた事を
重点的に練習してみたら
なんとダンスコンテスト入賞から始まり
優勝することができました。

Y県 Oさん

KAZUさんは
BRONXの時から知っていて当時憧れの存在でした。

そんなKAZUさんが
高校教師になった私が、自ら教える高校のダンス部の為に
関わって頂き
ダンスの振付の事を教えて頂いた事で
前にも増してダンスコンテストに強いチームに変わりました。

BRONXを憧れて見ていた私が
何故あんな振付が出来るのか?
不思議だったのです。

 

KAZUさんに良い作品を作る方法を尋ねたんです。

メンバーの事を良く知り
凄いと感じるものを沢山増やし
カッコいいとは、自分の生徒たちが
キチンと理解出来るようになりました。

今まで言葉では伝わりにくかった事が
伝えるようになり
チームワークが増して
より強いチームになれたんだと思います。

何より息が合う
ダンスの振付の踊り方は
もう本当にびっくりの目から鱗でした。

あまり多くの人に真似して欲しくは無いですね。

A県 S高校

私達は社会人のなってから
ダンスを始めたので、
若い子達には負けれないと言う
想いがあるのです。

ただスタートが遅かったので
ダンスコンテストに出ても
負けると次踏み出すまで
時間が非常にかかってました。

それだけではなく
負ければ負けるほど自信を無くし
振付が作れなくなっていきました。

そんな時
YouTubeでスーパーダンサー養成講座の
KAZUを発見し恐る恐る一度WSに参加してみました。

通常のダンスレッスンで教えてくれる事は
一切教えて貰えず
嘘みたいなレッスンばかりなのですが、
実際言われるがまま踊ってみると
いつの間にか?

悩んでいた事
出来なかった事
踊る事の楽しさが見えました。

WSの終了後
ダンスコンテストの話をしてみて
振付を踊ってみたら
一つ一つの要素をいくつか?
変える事を提案して頂き
変更して自分達でビデオを見て驚愕

今までの自分達のダンスじゃないみたいでした。
ありがとうございます。

教えて頂いた事は
・複雑に動く事ばかり考えなくても良い

・移動する事

・シナリオをつける事

この三つの事なのですが、
ちょっとだけ変えるだけで
ここまで変わるか?と思いました。

まだ優勝までは出来ていませんが、
地元では私たちのダンスの振付が良くなった事で
チームを覚えてくださる人が増えて
声かけてくださる方も増えたので、

以前よりも圧倒的に踊りやすくなりました。

KAZUさんに恩返ししたいので、
早く優勝できるようにがんばります。

T市 Yさん

 

 

今すぐ優勝を手に入れて下さい。

 

 

 

今すぐ手に入れる
12800円

 

一切何の変化も起こらなかった場合は、全額返金させていただきます。

特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー | 利用規約

Copyright (C) 2017 フリースタイルマーケティング All Rights Reserved.